タムラ製作所ロゴ 新卒採用サイト

HOMEタムラの仲間 › H.Tomita

タムラの仲間

やりがいが大きい。

自動車から次世代通信まで、見えないところで先進技術を支えるソルダーペースト。
次々と開発される電子化学材料を社会に送り出すには、工場で量産化する技術が必要です。
自分の考えた最適な製造工程が生産に直結する、やりがいの大きな仕事です。

H.Tomita
《2017年入社》

電子化学実装
製造技術

開発品の量産化を実現する仕事

 大学の合同説明会で、身の回りのさまざまな電化製品にタムラの製品が使われていることを初めて知りました。見えないところで世の中に貢献する事業内容に興味をひかれ、自分もその一員になりたいと思い入社。フレンドリーで親しみやすい社風も決め手となりました。
 入社後は、電子機器の接合に広く使われるソルダーペーストというはんだ付け材料に携わっています。これは自動車やスマートフォンをはじめ電子基板に欠かせない材料であり、タムラの得意とする技術の一つです。私が所属する製造技術グループは、新たに開発された製品の量産化技術を担っています。電子化学材料は特性が不安定なため、実際の生産設備で試作して特性が変化しないか、もし変化してしまう場合は生産条件をどう設定すれば良いかを検討します。タムラの開発品をお客様に橋渡しする非常にやりがいのある仕事です。

「時短」と「品質」の両立を目指す

  量産化や生産ラインの効率化を検討するときは、「時短」と「品質」の両立を常に意識しています。生産時間の短縮はコスト削減につながり、それと同時に求められる品質は絶対に維持しなければなりません。
 例えば、製造工程の冷却時間を短くできても、その結果として洗浄時間が長くなるようではダメです。新設備を導入するか既存の設備を改良するか、時間を短くして品質を保てる最適な条件は何か、あらゆる方向から探っていきます。
 アジアから欧米まで海外への製品移管も担っており、タイの新工場で量産化がスタートするとき、私も入間事業所で試作品の評価を手がけました。自分の関わった仕事がそのまま国内外の製品製造に直結するため、責任感を持って各拠点や現場の皆さんに伝えるよう心がけています。

上司・先輩のフォローが励みに

 タムラは上司・先輩に質問や相談がしやすい、風通しの良い職場です。次々と開発される製品やそれぞれの製造技術まで幅広い知識が求められ、自分にはまだ分からないことだらけ。上司・先輩はどんな質問にもスラスラ答えてくれるし、思いもよらない視点からのアドバイスも多く、その知識量に圧倒されます。
 仕事を任されたときは丁寧にフォローしてくれるので、安心して取り組めます。工場監査という重要な場面でお客様対応を任されたときは、緊張して上手く説明できなかった部分もありましたが、上司から「よくやったね」と声をかけてもらい大きな励みとなりました。
 これからコツコツと自分の能力を高め、自部門だけでなく他部門や海外拠点からも頼りにされる社員となることを目指します。

ココがタムラの魅力!

人のつながりを大切にしてくれる会社

他の事業所との技術交流会をはじめ、会社全体での懇親会や部活動など、部門や年齢を超えてコミュニケーションをとるチャンスが多い会社です。新入社員もすぐに職場に慣れることができ、人のつながりが仕事にも役立ちます。